ベイマックスにみる成果をあげる組織

アナと雪の女王に続き、ベイマックスの興行収入が、伸びているようですね。私も見に行きましたが、笑いあり、感動あり、ほのぼのとしながらも、がんばるぞ~という気持ちになる素敵な映画でした。

先日、その制作会社である「ピクサー」の特集番組をみていて思ったことは、社員ひとりひとりが幸せな気持ちで働ける組織であるということ。

だからこそ、あのようなクリエイティブを生み出すことができるんだなぁ・・・と。

ピクサーの社長は、作品作りのもっとも重要なこととして、「率直に意見を言い合うこと」と言っています。

もちろん、組織内には、上下関係は存在しますが、作品作りにおいては、誰の意見であっても歓迎される。本音を言い合えるチーム作りに力を入れているそうです。

そんな皆が活発に意見を言える会議には、ルールがあるそうです。

・ダメだしをする時は、その問題を解決するアイデアも出す

・叩くだけの発言は禁止

・言い方にもルールがある

上層部の気持ちを探りながら、結局、何も言えず、時間だけが過ぎていく会議、もしくは、ダメな部分だけを叩き、空気が悪くなる会議・・・そんな会議にならないための工夫がなされているわけです。

皆が、いい気分で働けるコミュニケーションルール。

それは、組織成果をあげる大前提!!

どんなノウハウも、その大前提があるからこそ、効果を発揮するのです。

また、ピクサーのオフィスは、社員ひとりひとりが気分よく、楽しく、仕事ができるような工夫もされているようですよ!それは、googleやyahooのオフィスでも、そんな工夫がされていると聞いたことがあります。

脳を柔らかく、斬新なアイデアと行動力で成果をあげるためには、やはり、社員が幸せであることが大切!

幸せな社員が増えれば、会社は必ず変わります!

そんなことを実感しました。

ストーリー会議で何度も話し合われたという場面に注目しながら、もう1度、ベイマックスを観に行こうかな。

人材育成研修・セミナーのお問い合わせは・・・
お問合せ

【メルマガのご案内】

組織成果をあげるコミュニケーションのツボ

〜ありがとうが飛び交う職場を創る〜
13876282_1141859889206287_337438670975884803_n←こちらをクリック

携帯電話・スマホメールで登録された方

携帯電話からのメールのみを受信する設定になっている可能性があります。
ドメイン指定などのメール受信制限を利用されている場合、google-info.jpからのメールが受信できるよう設定してください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*facebookページ

https://www.facebook.com/happy.miyukiinagaki/

*facebook

https://www.facebook.com/miyuki.inagaki

友達申請大歓迎!

メッセージを添えてくださいね。

*twitter

https://twitter.com/miyukiinagaki

フォロー大歓迎!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。