目的と成果

女性なら誰でも、もしかしたら、女性だけでなく男性も、ダイエットをしようと決意したことがあるのではないでしょうか?そして、なかなか続かない。

私も、何度、試みたことか・・・そして、何度、明日からと言ったことか・・・(笑)

食べることが大好きな私なので、食べないというは難しく、また、カラダを動かすことさえ、なかなか難しい。

でも、最近、カラダを動かす習慣ができてきました。

それは、目的を「痩せる」から「体温を上げる」に変えたことです。

体温を上げると、免疫力がアップしたり、代謝がよくなって、美と健康に効果があるらしいのです。

その効果が、私にヒットしました。

そして、体温を上げるために、カラダを動かしたり、できるだけ温かい物を食べるようにしたり、お風呂にゆっくり入ったり・・・

実際に、その行動をとった後に、体温をはかると、体温があがっているので、嬉しくて、また続けます。続けることで、習慣ができていきます。

何か行動を起こすには、やっぱり、目的を持つことと、成果を自分で認識することが大切だなぁって実感しました。

なんのためにやっているのか?を意識することで、行動が変わりますね。自分で認識できる数字はもちろん成果ですし、行動した自分を誇りに思えることも成果の1つでしょうし、また、人から認められたり、褒められたりというのも成果の1つでしょう。

だからこそ、家庭や学校、会社で、他人を認める、褒めるというのは、相手のモチベーションを維持させたり、行動を変えるために、必要なことなのではないでしょうか。

研修・講演のお問い合わせは・・・
お問合せ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。