社会人と学生の違いを考える・・・キャリア教育講演

愛知県内にある大学様にて、キャリア教育講演を行いました。

社会人と学生の違いを考えてもらうことは、とっても大切です。学生たちにとって、あたりまえのことが、社会人になるとあたりまえではなくなることも多いからです。

私たち大人からしたら、「あたりまえでしょ!」ということに、とまどいを感じる学生が、想像以上に多いことに驚きます。

今回、お話させていただいた大学様は、専門性の高い学校で、現在、就職先もほぼ決まり、今は、国家試験に向けて、勉強している状況。

夏休みに、職場体験をしている学生が多いようで、実際に、職場を体験して、自分なりに課題を感じたり、社会人になる準備が整っていないことを、改めて感じているようで、真剣に取り組んでくれました。

働くために必要な専門技術やスキルは、地道に努力を重ねることで、必ず身についていきます。

しかし、努力を重ねる気持ちがなかったり、人の話を聞かなかったり、自分の意見を言えなかったり・・・人柄の部分で問題があると、スキルが身につかないことはもちろんのこと、働く楽しさを感じることもできません。

社会人になるために、何をするか・・・

よりも

人として、どうあるか・・・

そこに意識を向ける必要があります。

そんな話をしながら、今の自分を振り返りました。

人柄を変えるって、難しく感じるけれど、まずは、基本的な習慣を身につけることが、1番の近道です。

姿勢

笑顔

声の出し方

言葉のつかい方

あたりまえのことのようで、案外、できていないことが多いものです。

姿勢・笑顔・声・言葉を変えれば、人間関係が変わります。

姿勢・笑顔・声・言葉を変えれば、発揮できる能力が変わります。

元気に、自分の力を発揮できる若者達が増えますように・・・。

現在、募集中のセミナーはこちらです

人材育成研修・教職員研修・キャリア教育講演のお問い合わせは・・・
お問合せ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。