呼ばれる講師になるには、どうしたらいいですか?

うずまき呼ばれる講師になるためには、どうしたらいいですか?

その気持ち、分かる〜!私も知りたい!

全国から呼ばれる講師になって、ついでに、ご当地グルメも楽しみたい!という野望をもっている(笑)先生・講師業のための幸せ脳。的話し方講師 稲垣美幸です。

私は、マーケティングやブランディング、集客のプロではないので、正直なところ、売れっ子になるノウハウは持っていませんし、ガンガン営業もしていませんので、営業方法についてお伝えできることはありません。

でも、4年前には講師経験0だった私も、今では、企業、学校、行政からご依頼をいただけるようになりました。

この4年間、私が意識してきたことを、お話しようかなって思います。

講師として呼ばれるには、特別な才能がなくてはならない・・・と思ってしまいがちですが、実際に大切なのは・・・

小さな信頼貯金を増やすこと

もし、あなたが、誰かに講師を頼もうと思った時、何を大切にしますか?

もちろん、テレビに出ていたり、本を出している有名人を呼べたらいいのかもしれないけれど、予算もあるし、そんな人ばかりを探すわけではないですよね?

どんな話をしてくれるかな?

評判はどうかな?

実績はどうかな?

いろいろな視点から、「この講師は信頼できるのか?」をチェックしています。

だから、信頼をつくるためにできることは、できるだけやりました。

無料でできることは、できるだけやりました!

今だったら、必ず、インターネットで検索しますよね。必ず!!!

ネットで検索して、情報がでてこないと、なんとなく信用できない気がしませんか?

なので、無料でできることは、できるだけやりました。

ブログ、facebook 、twitter、無料告知サイト・・・等。いろいろな使い方があると思うけれど、以下は、私が意識していることです。

◆ブログ◆

コツ

アクセスが少なくても、めげずに書く(笑)

3日坊主になっても、思い出した時に、再開する(笑)

アクセスアップ方法なんて知らなくても、積み重ねることで、必ず、財産になります。また、ブログを書くと、セミナーで話す内容のブラッシュアップにもなります。

毎日◯記事とかって決めすぎると出来なかった時に自己嫌悪に陥るので、できるだけ書こうくらいの軽い気持ちで書くといいですよ。

◆facebook◆

コツ

楽しむことを目的とする

継続して発信し続けるので、案外、ちゃんと見ている人がいて、お仕事につながることも多いツールです。素の自分と仕事の自分、両方を発信しています。

自分のイメージが定着しやすいので、投稿には注意が必要だと思っています。

格好つける必要はないし、自分らしさを表現すればいいけれど、批判や中傷等、見た人が嫌な気持ちになることは、絶対に投稿しないと決めています。

◆無料告知サイト◆

セミナーを自主開催する時に利用します。

そこからの集客もあればいいな〜と思っていますが、それよりも、ネット上に、こういうセミナーをやっているんだな〜・・・という実績として残るので、できるだけ使うようにしています。

こくちーず(無料)・ストリートアカデミー(そこから参加者がいると、手数料が必要)・facebookイベントページを、よく利用しています。

自分がやりたいと思った仕事は、安くてもやりました!

これは、賛否両論あるかもしれません。

ブランディング等のセミナーでは、価格は自分の価値だから、安くしてはいけないと言われることもあります。

ただ、私は、実績がないうちは、自分がやりたいと思った仕事は、安くても全て引き受けました。

それが、自分自身の実績になっていくし、場数をふむことで、スキルアップもします。ただ、この時に気をつけないといけないことは、「やりたい仕事」か否かということ。

そして、プロ意識は忘れないということ。

「まだまだ駆け出しなので〜、安くてもいいです〜。でも、失敗しても大目にみてね〜」なんていう気持ちでやるのはダメということです。

たとえ初めてのセミナーだったとしても、安かったとしても。相手にとっては、関係なく、プロとして、ご依頼くださったはずです。

人としての最低限のマナーは守りました!

これは、講師に限らず、どんな仕事でも同じですが、人としての最低限のマナーを守ることを意識しました。

挨拶をしっかりする。

笑顔で対応する。

時間は守る。

提出期限は守る。

・・・等。

当たり前のことだけど、こういう積み重ねが、信頼貯金を増やしていくと思うんですよね。

これだ!という、特別なことではないけれど、こういう地道な行動が、呼ばれる講師になるために必要だと思っています。

信頼していただければ、他の方にご紹介してくださったり・・・と、広がっていきます。

特殊な能力がないからこそ、有名人ではないからこそ、人と人が繋がる温かな関係の中、お仕事が広がっていくのだと実感しています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。