元気・挨拶が1番というけれど・・・就職希望の高校3年生に幸せ脳。

稲沢市の某高校、就職希望の高校3年生に、「面接でも活かせる、夢をもち、自分らしく生きるための脳のつかいかた」をお話しました。

教室に入ると、生徒たちが、大きな声で挨拶してくれました。また、教室へ行くまでの廊下でも、すれ違う生徒たち皆、大きな声で「こんにちは〜♪」と声をかけてくれました。

気持ちのいいこと♪
やはり、その後の授業でも、皆、とても積極的に、一生懸命、取り組んでくれました。

指示されて動くのはかったるい、声をだすのは恥ずかしい・・・なんて思ってしまうことも多いお年頃。

動きも機敏だし、声を出す場面では、しっかり声もでる・・・とにかく、元気で、教室に、エネルギーが溢れている感じ。

どんな場面でも、「元気が1番」「あいさつが1番」と言われることが多いけれど、脳の特性からも、これは事実です。

信頼関係を築くためにも、自分の能力を最大に発揮するためにも、基本は、元気とあいさつ。

この子たちは、どこに就職しても、きっと力を発揮して、自分らしく生きていくことができるだろうと確認しました。

私も、とっても楽しくお話できました。

ありがとうございます!

ハートフルブレーンLINE@
友だち追加

*現在、募集中のセミナー日程はこちらです

人材育成研修・教員研修・教育講演・セミナーのお問い合わせは・・・
お問合せ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。