ブランディングや差別化にこだわる前に、講師として考えるべきこと

うずまき ブランディングしなくちゃ、差別化しなくちゃ、講師として、仕事にならないと思っている方

ビジネスセミナーや起業セミナーに行くと、「ブランディングをするべきだ!」「差別化するべきだ!」という話をよく聞きます。

私も、講師業をスタートした時は、頭の中は、「ブランディング」という言葉でいっぱいでした。

◯◯な服を着て・・・

SNSでは◯◯な投稿をして・・・

セミナー中は、必ず◯◯をして・・・

なんて、そんなことが「ブランディング」だって思っていたくらい(恥)

先生・講師業を仕事として成り立たせるためには、当然、選ばれなくてはいけないですよね。

だから、ブランディング、差別化って、大切なことは間違いないはずです。

だって、その他大勢に埋もれてしまっていては、選んでもらえないですからね〜。

しかし!!!

ブランディングや差別化を考える前に、講師として、考えるべきことがあります。

それは、あなたが、

講師としてふさわしいか?

・・・ということ。

誰かに、何かを教えるに値するのか?

・・・ということ。

聴き手にとって、役に立つ知識やノウハウを提供するのはもちろんですが、それだけでは不十分です。

豊富な知識、ノウハウいっぱいの原稿を読み上げただけでは、プロ講師とは言えませんよね?

プロ講師として、聴き手の行動・成長を促す「伝わる話し方」ができますか?

プロ講師としてのマナーは身につけていますか?

プロ講師としてのマインドを持っていますか?

プロ講師として、セミナー・講演の運営はスムーズにできますか?

ブランディングや差別化は、これらのプロ講師としての基本を押さえた後での話です。

「あの人、すごそうだよね〜。セミナーお願いしてみよう!」

「あのノウハウは、あの人だけのものだよね〜。セミナー行ってみよう!」

・・・となったとしても、プロ講師としての基本ができていなければ、1度限りのお客様、リピートはありません。

そして・・・

「たいしたことなかったね〜。」

「期待したほどじゃなかったね〜」

「すごい人かもしれないけど、人として最低だよね〜」

な〜んて、怖い評判が広がってしまうかもしれません。

これは、講師に限らず、どんなお仕事でも同じですよね。

基本を身につけることは、必要不可欠!

基本を積み重ねることで、ブランディングされていくはずです。

 

ハートフルブレーンLINE@
友だち追加

*現在、募集中のセミナー日程はこちらです

人材育成研修・教員研修・教育講演・セミナーのお問い合わせは・・・
お問合せ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。