新入社員を育てることは、組織を変えるチャンス!

新入社員研修は人材育成のきっかけ

新入社員が入社すると、何らかの形で研修を行う企業が多いでしょう。

新入社員が戦力になってくれるよう、研修に期待することは、たくさんありますよね。

今年も、そろそろ、内容に関するご相談が増えてきました。

たった1回の、もしくは数回の研修だけで、社員が育てば、そんな嬉しいことはありませんが、実際には、それは難しいことです。

新入社員研修は、人材育成のはじめの1歩。

きっかけに過ぎません。

そのきっかけから、ぐ〜んと成長させるのは、関わる上司、リーダー、さらに言えば全社員です。

社会人マインドをつくる

以前の記事でも書いていますが、新入社員研修では、まず社会人マインドをつくることが大切だと考えています。

関連記事:新入社員研修の内容にお悩みですか?

     新入社員研修の1番大切な目的

それは、高卒では18年、大卒では22年、長い時間をかけて培われた「習慣」を変えることです。

「社会人としてのよい習慣」を身につけることが、今後、成果をあげる社員に成長することに繋がります。

新しい習慣を身につけるためには・・・

「習慣」とは、「ある行動」が、何度も繰り返されることにより、意識しなくても、「ある行動」ができるようになること、つまり、脳の自動化です。

新しい習慣(行動)を身につけるためには・・・

まず、「新しい習慣」を身につけようと思うきっかけが必要です。

そして、きっかけを受けて、実際にアクション(行動)を起こします。

そして、そのアクション(行動)を続ける価値があると判断すると、アクション(行動)を繰り返し、習慣化します。

新入社員研修は、「きっかけ」から「アクション(行動)」に移すことには、とても効果的です。

研修の効果を継続させるためには・・・

しかし、研修後、その行動を続けて、習慣化させるために必要なのは、全社員の関わり方。

研修後、「やってみよう!」「挑戦してみよう!」と「新しい行動」を試みた後・・・

その新しい行動が、自分にとって価値があると判断した場合。それを続け。習慣化するでしょう。

反対に、その新しい行動が、自分にとって価値がないと判断した場合、その行動を止めてしまうでしょう。

自分にとって価値があると感じるとは、脳に報酬が与えられることです。

脳にとっての報酬は・・・

社会の中で、人と繋がり、人の役に立っていると感じること、自分を大切な存在だと感じること。

新入社員を育てるのは研修ではなく・・・

つまり、新入社員が、新しい行動に挑戦したとき、それに気づき、認め、励ます上司、リーダー、先輩社員の存在が必要不可欠です。

「新しい行動」をしたら、認められた・・・自分の存在価値を感じられたら、その行動を続けていき、習慣化する可能性が高くなります。

新入社員を育てるのは、研修ではなく、上司、リーダー、先輩社員・・・の新入社員への温かい関心です。

関連記事:新入社員を迎える前に絶対やっておくべきこと

新入社員の努力に気づき、認めて、励ますことが、デキる社員を育てることにつながるはずです。

つまり・・・

新入社員を育てることは、全社員を成長させ、組織を変えるチャンスです!!

 

人材育成研修・セミナーのお問い合わせは・・・

お問合せ

【メルマガのご案内】

組織成果をあげるコミュニケーションのツボ

〜ありがとうが飛び交う職場を創る〜
13876282_1141859889206287_337438670975884803_n←こちらをクリック

携帯電話・スマホメールで登録された方

携帯電話からのメールのみを受信する設定になっている可能性があります。
ドメイン指定などのメール受信制限を利用されている場合、google-info.jpからのメールが受信できるよう設定してください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*facebookページ

https://www.facebook.com/happy.miyukiinagaki/

*facebook

https://www.facebook.com/miyuki.inagaki

友達申請大歓迎!

メッセージを添えてくださいね。

*twitter

https://twitter.com/miyukiinagaki

フォロー大歓迎!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。