ビッグバンから考える!?「組織の中での活かし方」

818143c4fe3362403db5d4c39a756899_s

誰でも、その人なりの役割がある

私は、この考え方が大好きです。

正直、私自身、ピカピカに輝くような才能があるとは思っていませんが、私なりの役割があると信じることはできます。

脳が大好きな私ですが、実は、宇宙も大好きです。

何だか、脳と宇宙って、とても似ているな〜と感じています。というより、脳が宇宙そのものなのでは・・・とさえ思っているくらいです(笑)

宇宙のはじまりはビッグバン説

宇宙のはじまりには、諸説ありますが、その中のビッグバン説を見てみると、宇宙は、1点から始まったとされます。

から約150宇宙にあるものすべては、1かに密集してまっていました。

そして、ビッグバンという爆発がおこり、その1かまっていたものがこなごなにとびちったという考え方です。

そのことから考えると、1つだったものが飛び散って、宇宙を形成したのだから、パズルのように、それぞれに存在意義があって、無駄なものは1つもないって思いませんか?

つまり、私たちも、誰ひとり役割のない人、無駄な人は存在しないと感じるのです。

もちろん、生物が生まれたのは、宇宙のはじまりよりも後のことになるので、まったく、科学的な話ではないけれど、私は、そんな風に感じています。

コーチングの基本

また、コーチングの基本に「すべては、繋がっていて、相互に影響しあっている」という考え方があります。

これも、宇宙が1点から生まれたというビッグバン説から考えて、人は1人で生きているわけではなく、皆が相互に影響しあっている・・・腑に落ちませんか?

組織の中での活かし方を考える

研修をご依頼いただく時には、皆、それぞれに、課題を抱えていて、「もっと、◯◯な人だったらいいのに」「もっと、◯◯できる人がほしい」ということにフォーカスしてしまいがちです。

もちろん、組織が求める人材を育てるための研修、教育であることは間違いありませんが、それだけでなく、ひとりひとりの活かし方を考える視点をもつだけで、組織はがらりと変わることを目にします。

研修のワークで、話し合ったり、考えたり、想像したりするうちに、多くの方が、「あるものを生かす」ことの大切さに気づきます。

社員ひとりひとりが「組織の中での活かし方」を考えるようになると、自分の強みを最大限に生かそうと意識するようになりますし、また、他の人のいいところを見つけられるようになり、お互いを尊重しあえる関係ができます。

それが、チームワークを強め、それぞれの強みを生かすことができるので、成果をあげることに繋がっていくようです。

そう、ひとりひとりに役割があり、相互に影響しあっている!!ということです(笑)

「ないものなだりではなく、あるものを生かす」という視点は、当たり前のようで、忘れがちなポイントですね。
人材育成研修・セミナーのお問い合わせは・・・
お問合せ

【メルマガのご案内】

組織成果をあげるコミュニケーションのツボ

〜ありがとうが飛び交う職場を創る〜
13876282_1141859889206287_337438670975884803_n←こちらをクリック

携帯電話・スマホメールで登録された方

携帯電話からのメールのみを受信する設定になっている可能性があります。
ドメイン指定などのメール受信制限を利用されている場合、google-info.jpからのメールが受信できるよう設定してください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*facebookページ

https://www.facebook.com/happy.miyukiinagaki/

*facebook

https://www.facebook.com/miyuki.inagaki

友達申請大歓迎!

メッセージを添えてくださいね。

*twitter

https://twitter.com/miyukiinagaki

フォロー大歓迎!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。