「伝える」から「伝わる」コミュニケーションへ

shiawasenou-thumbnailnew5

コミュニケーションとは

私たちは、コミュニケーションというと、「どう伝えたらいいのだろう」「どう伝えたら分かってくれるだろう」ということにフォーカスしがちです。
しかし、脳の観点から言えば、「どう伝わるのか」を考えることが大切です。

 

脳は、五感すべてからの情報から、相手の気持ちをキャッチします。

実際に、言葉として、「嬉しい」と言っていても、実は 嬉しく思っていないことを察したり、何も言わなくても、困っていることに気づいたりすることがありますよね。

人は、言葉以上に、相手が発する態度、感情に敏感です。

 

相手に伝わるもの

それは、アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱した「メラビアンの法則」にも示されています。

 

FullSizeRender

 

人は、感情や態度について矛盾したメッセージが発せられたときに、どんな情報を優先的にキャッチするかというと、視覚情報(姿勢、表情、服装等)55%、聴覚情報(声の質、話し方、スピード等)38%、言葉7%というデータが出ています。
つまり 言葉そのものよりも、私たちが発する態度(非言語)が相手に伝わってしまうということです。

私たちが、無意識にやっているしぐさや話し方は、本当の自分や気持ちを伝えてくれているでしょうか。

 

「伝わる」習慣を身につけましょう!

姿勢、表情、声の質、話し方は習慣です。

怒っているつもりはないのに、なんだか怖そう、いつも怒っているみたい・・・なんて言われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、「伝える」と「伝わる」には、大きなギャップがあります。

無意識に行っている態度(姿勢、表情、声の質、話し方等)が、コミュニケーションの邪魔になっている可能性があるのです。

あなたの態度は、相手に何を伝えていますか?

相手に「伝わる」姿勢、表情、声の質、話し方を身につけることが大切です。これらは、トレーニングで、必ず変わります。

 

とはいえ、脳は言葉の情報を7%しかキャッチしないから、何を言ってもいいというのは大きな誤解です。

メラビアンの法則は、相手が矛盾した言葉、感情、態度を発した時に、「どんな情報を優先的に信じるか」というものです。

脳にとって、言葉はとっても大切なものなのであることは間違いありません。

さぁ、「伝わるコミュニケーション」を身につけましょう!

現在、募集中のセミナー・お茶会はこちらです

人材育成研修、講演・セミナーのお問い合わせは・・・
お問合せ

【メルマガのご案内】

組織成果をあげるコミュニケーションのツボ

〜ありがとうが飛び交う職場を創る〜
13876282_1141859889206287_337438670975884803_n←こちらをクリック

携帯電話・スマホメールで登録された方

携帯電話からのメールのみを受信する設定になっている可能性があります。
ドメイン指定などのメール受信制限を利用されている場合、google-info.jpからのメールが受信できるよう設定してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る