宇宙飛行士の夢が叶ったのは脳のおかげ!?

子どもの頃からの夢が七夕に叶う!

今日、11人目の日本人宇宙飛行士 大西さんが、宇宙へ飛び立ちますね。

小学生の頃からの夢「宇宙飛行士になりたい!」という夢を叶える大西さん、きっと、言葉では言い表せない喜びを感じていることでしょう。

自分のことではないのに、ニュースを見ているだけで、嬉しくなってしまった私です。

そして、大西さんが、宇宙飛行士の夢を叶えたきっかけを聞いた時、「やっぱり、脳ってすごいな〜」って思ったのは、私だけでしょうか?(笑)

宇宙飛行士への夢が叶ったのは、脳のおかげ!?

小学生の頃から、宇宙に興味があり、親に天体望遠鏡を買ってもらい、大空を眺め宇宙飛行士になりたいという夢をもつ子どもでした。

そして、東京大学工学部航空宇宙工学科に進み、その後は、パイロットとして、世界中を飛び回る充実した生活を送っていたそうです。

そんな大西さんが、再び、宇宙飛行士への夢を叶えることになったのは、旅先のホテルで、新聞を読んでいるときに、「JAXAが10年ぶりに、宇宙飛行士を募集する」という記事を見つけたこと。

その新聞記事は、とっても小さい記事だったそうです。

でも、脳は、その小さな記事を見つけてくれました!!

私たちの脳は、意識を向けているものの情報をキャッチしようと、アンテナをピ〜ンと、立ててくれているのです。それも24時間休むことなく・・・

だから、大西さんの脳は、宇宙飛行士募集の記事を見つけることができました。

小学生の頃から、大西さんの脳には「宇宙飛行士になるための情報を探す」アンテナが立っていたからです。

この話を聞くと、夢をもつ、目標を立てるということは、とても大切なことが分かりますよね。

夢を脳にインプットしましょう!

脳は、意識しているものの情報をキャッチしてくれます。その情報をいっぱい集めるために、意識していないものの情報は、気づかない特性があるのです。

多分、大西さんは、「宇宙飛行士募集」の記事の横の記事は、目に入っていたはずですが、まったく記憶にも残っていないことでしょう。

なんだか、大きな希望の光が見えるお話だったので・・・

自分の夢、目標を、もう1度、しっかりと意識して、脳にインプットしましょ〜!

そして、もう1つ・・・

大西さんは、普段、家では新聞をとっていなかったそうですよ!

脳のアンテナってすごいな〜♪

社員研修・教育講演・セミナーのお問い合わせは・・・ お問合せ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。