生存本能に負けるな!それ、本当に危険な失敗ですか?

人生、すべて思い通りになっていますか?

YES!の方もいらっしゃるかもしれませんが、ほとんどの方は、NO!ではないでしょうか?

もちろん、後になってみたら、こうなるのが最善だったんだ・・・と思うことはあるものの、その時々で、失敗したと感じたり、自分の思い描いたとおりに、物事がすすまないということは多々あるのではないでしょうか?

少なくとも、私にはあります。

実は、昨日も、自分の目標の1つに1歩近づけるかも・・・という気分が高揚する打ち合わせがありましたが、結果は、思い描いていたとおりにはならず・・・

期待が大きかっただけに、ちょっと凹みそうになりましたが、実際は、私にとってマイナスかといえば、そうではなく、今後への期待とチャンスをいただけました。

行動はチャンスを生み出してくれる!

「死ぬ前に後悔することは、やったことではなく、やらなかったことに後悔することばかり」と聞いたことがあります。

ある行動は、思い描いた結果に結びつかなくて、凹んだり、落ち込んだりさせるかもしれないけれど、行動しなければ、得られないチャンスもあるはず!

そんな気持ちで、次のチャンスにかけて、がんばろうと思っています!

私たちの生存本能が、成長の邪魔をする!?

さて・・・

友達から「これ、あげる!食べて!」と、こんなドーナツを手渡されたら、あなたはどう思いますか?

13413101_1113228708736072_6347190371041510690_n

「は?」ですよね。

私たちは、ある1点に欠けたものを見つけると、他のほとんどがうまくいっていても、その欠けた1点に焦点を合わせてしまいがちです。

このドーナツだって、友達がくれたものなので、毒が入っているわけでもなく、腐っているわけでもなく、1箇所が欠けているけれど、90%以上は食べられるはずです。

でも、何となく嫌・・・。

欠けた1点にフォーカスしてしまうのは、私たちの脳の特性です。

動物には、「生存本能」があります。進化の過程で、危険を察知し、回避しなければいけないからです。

よって、自分にとって、危険かもしれないと感じるものに対して、敏感になるのです。

しかし、普段の生活の中では、それが、成長を妨げることになる可能性があります。

俯瞰すると分かる・・・小さな失敗

たった1度の失敗

たった1つの思い通りにならない出来事

本当に、それが「危険」なら、回避するべきですが、もしかしたら、それは、失敗でさえないかもしれません。

ましてや、その1点で、前に進めなくなったら、もったいない!!

あなたの人生全体からみたら、あなたが感じている、その「危険」「失敗」は、ほんの小さな点ではありませんか?

高いところから全体を見るって、大切ですね。
社員研修・教育講演・セミナーのお問い合わせは・・・ お問合せ
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。