保育園職員様へ幸せ脳コミュニケーション

DSC05962

教育に関わる人は、まず自分自身が幸せに!

今日は、保育園、学童保育職員の方々の研修会で、幸せ脳。のお話をさせていただきました。

今回に限らず、先生や保育士さん等、教育に関わる方々とお話していると「子どもたちの幸せな未来のために・・・」と、情熱をもって働いていらっしゃる方が多いことに気がつきます。

今日は、子どもたちの幸せな未来のために、まず、自分自身が幸せを感じましょう・・・をテーマに、幸せ脳。をつくるコミュニケーションをお伝えしました。

子どもたちが、「大人って楽しそう」「先生みたいになりたい」

そう思ってくれた瞬間に、教育って成立するんじゃないかなって思うからです。

私もあなたも幸せを感じるコミュニケーション

保育園職員の皆様にとって、子どもたちはもちろん、保護者、一緒に働く職員、地域の方々とのコミュニケーションがとても大切なお仕事です。

ここで言うコミュニケーションとは、「やっていること、言っていること、考えていること」すべてのことです。

頭では分かっていても、なかなかできないこともあります。

研修では、座学だけでなく、ワークやトレーニングを組み込み、実際に体を使って、コミュンケーションの違いで、自分自身の感情、相手から受ける印象が変化することを体感してもらうことで、「やってみよう!」というモチベーションを上げていきます。

自分が、何気なくやっていることが、実は、人間関係を劇的に変える、自分自身の能力を変える等、大きな意味をもつことに気づかれたのではないでしょうか。

 

DSC05970

研修は、終わってからが勝負!

その時、どれだけ楽しくても、どれだけ納得しても、その後の行動に変化がでなければ、意味がありません。

ぜひ、今日から、今まで以上に、幸せな風が吹く保育園で、元気いっぱい幸せいっぱいの子どもたちが増えていきますように・・・。

 

社員研修・教育講演・セミナーのお問い合わせは・・・ お問合せ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。