あなたはどっち?未来志向?過去志向?

あなたはどっち?未来志向と過去志向

未来志向とは、未来に思いを馳せるタイプ。

過去志向とは、過去を振り返りがちなタイプ。

・・・という感じでしょうか。

いつも未来志向、過去志向というわけではなく、どちらかといえば、未来志向タイプ、過去志向タイプという方が多いのではないでしょうか?

私は、面白そうだな〜と思ったら、あまり考えず、手を出してしまうし、嫌なこと、自分に都合の悪いことは、すぐに忘れてしまいがちなので、どちらかというと、未来志向タイプかな?

そう言うと、なんだか、私は、とってもポジティブで、行動的で、いいことのように感じますよね。

でも実際は、同じ失敗を繰り返しやすい残念なタイプです(汗)

未来志向はポジティブ?過去志向はネガティブ?

なんとなく、未来志向は、ポジティブ。過去志向はネガティブ・・・そんなイメージを持つ方は多いようです。

たしかに、未来に目標を定め、行動することは、とてもポジティブです。反対に、過去の失敗に囚われて、行動できないのは、ネガティブですね。

しかし、未来への妄想ばかりしていては、幸せな未来に繋がらないし、過去の反省を活かすことができなければ、これまた幸せな未来を創ることはできません。

だから、どちらがポジティブ、ネガティブや、どちらがいい悪いということではないような気がします。

「私、超ネガティブなんです」・・・と仰る方に、時々、出会います。

ご本人は、たいてい、それを悪いことと捉えていることが多いわけですが、実際は、思慮深く、地道に努力している方が多い印象です。

たしかに、行動の選択肢が狭くなることは否めませんが、堅実に進んでいくことができるので、実際は、悪いことではないですよね。

どちらも「今この瞬間」が大切!

未来志向でも過去志向でも、「今この瞬間」を意識することは、とっても大切!

未来に目標を設定しても、「今この瞬間」の位置が分からなければ、前に進むことができません。

また、どんな過去があったとしても、「今この瞬間」は、過去の積み重ねで創られてきたとしても、これからの未来には無関係です。未来は、「今この瞬間」から創られるものだから・・・。

今はやりのマインドフルネスを、ジョン・カバットジン博士は「今という瞬間に、余計な判断を加えず、(中略)自分の人生がかかっているかのように真剣に、意識して注意を向けること」と定義しているようですし・・・。

前向きに生きるとは・・・

今まで失敗経験0と思っている人も、今まで成功経験0と思っている人も、これからの可能性は、成功:失敗=50:50です。

だからこそ、過去の経験に学び、未来に思いを馳せ、行動することこそが、前向きに生きる・・・ということではないでしょうか。

過去の失敗を振り返り、あ〜でもない、こ〜でもないって悩むのもあり、未来への妄想を膨らませ、ワクワクするのもあり。

未来志向、過去志向、ポジティブ、ネガティブ、バランスよく、両方のいいとこどりをしていきたいですね。

 

 

人材育成研修・教育講演・セミナーのお問い合わせは・・・ お問合せ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。