頭のいい人は、なぜ方眼ノートを使うのか?

「頭のいい人は、なぜ方眼ノートを使うのか?」の著者 高橋先生の大人のための方眼ノートセミナーに参加してきました。

1番の感想は・・・

方眼ノートは、脳の特性を活かすものだったんだ!!

私が今まで、「ノートをとった」つもりになっていたのは、単なるメモでした。思いついたことを、聞いたこと、気づいたことを書いていました。プラス、色を変えて、やるべきことを余白に書いたりしていましたが・・・

確かに、後で見直した時に、何がなんだか分からないものが、たくさんありました。

しかし、フレームのある方眼ノートを使うと、後から見直した時、また、他の誰が見ても、考えのプロセスが分かり、やるべきことが分かる・・・無駄な時間を使う必要がなくなりそうです。

また、幸せ脳。でも、自分の中にある「思い込み」に気づいてもらうワークをやることがありますが、方眼ノートを使うと、普段の生活のなかで、自分の「思い込み」に気づく機会が増えると感じました。

というより、そんなことばかりになりそうです。

人は、思い込みから逃れられない!

まさにその通りで、私たちの普段の会話は、ほぼ「思い込み」というか、自分の「解釈」で成り立っています。

そのことを、方眼ノートは、ノート上で目に見える形に表してくれるので、面白かったです。

誰でも、フレームがあるだけで思考が変えられるのは、論理的思考が苦手と思っている人には、嬉しいですね。つまり、私・・・・です(笑)

今回は、イデア出しやファシリテーションに興味をもっている高校生の息子を誘い、一緒に参加しました。

話を聞いて、部活動で活用する方法を考えていたみたいです。

つまり、勉強〜学校生活〜ビジネスまで使える!

・・・ようです。

まだ、活用していないので、何とも言えませんが、頭の中でシュミレーションした限り、様々な場面で使えそうかな・・・とワクワクしています。

そして、何よりも、今回のセミナーでは、高橋先生のプレゼンテーションから学ぶことが、とても多かったです。

話の構成、間、言葉の選び方・・・とっても参考になりました。

これも、方眼ノートで身につくのかな???なんて、期待しながら、早速、方眼ノートを使ってみます。

ありがとうございました。

*ブログの更新情報を、メールでお知らせします。
PCの方は、サイドバーに、スマートフォンの方は、最後に登録フォームがございます。ぜひ、ご登録ください!

 

名古屋・東京の人材育成研修・講演・セミナーのお問い合わせは・・・ お問合せ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。