原動力は情熱

ワクワク楽しい毎日を過ごすために、夢・目標をもつことが大切だというお話をしました。

そして、ワクワクのためだけでなく、脳は、イメージしたものを形にする特性もあります。夢や目標を意識していると、いつの間にか、叶っているという経験をした人も多いはずです。

 

私たちが、カレーを作ろうと思ったら、まず、出来上がったカレーをイメージし、それに必要な野菜を切って、炒めて、煮込んで・・・カレーが出来上がります。

でも、目の前にある野菜を、やみくもに切っていても、カレーが出来上がることはありません。

 

脳が、目標達成するときも同じです。脳は、意識したものだけをキャッチするという特性があります。
まず、夢や目標を意識して、イメージすることで、それに必要な情報がキャッチしやすくなるのです。

 

もしかしたら、ふと目にはいった本やテレビの中に、ピンとくるものがあるかもしれません。人とのご縁にチャンスが潜んでいるかもしれないし、急にひらめくことがあるかもしれません。

 

しかし、目標を意識していなければ、チャンスが、目の前にあったとしても、見えない、気づかないということが起こります。なんとも、もったいないことです。

 

それは、組織においても同じです。企業理念やビジョンを共有することの大切さが叫ばれるのも、そんな理由からです。

社員全員で、ビジョンを共有し、目標を設定し、ひとりひとりが、自分の役割を意識することで、やるべきこと、やりたいことが見つかり、主体的に行動できるようになります。

 

脳にとっての報酬は、「自分で決めたことを達成すること」

 

相手が誰であっても、脳を強制することはできません。自らの情熱のみが、人を動かすことが出来るのです。

 

自分の夢を叶えたかったら、心から自分の好きなこと、やりたいことに気づくことが大切です。そして、組織成果を上げたかったら、社員に「やりたい!」という情熱をもたせるコミュニケーションが必要です。

 

あなたにとっても、うれしい・たのしい・しあわせは何ですか?

 

社員研修・教育講演・セミナーのお問い合わせは・・・ お問合せ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。