好きなことへのエネルギー

fb58584fa57790cf734f07948ed1f719_s

ピアノの発表会で感じたこと

先日、次男のピアノの発表会へ行ってきました。

1421_1050871281638482_3108537107076861283_n

自分から、あれをやりたい、これをやりたいと言うタイプの子ではなかったので、幼稚園の頃は、長男が習っていたお稽古事(空手、スイミング、サッカー)を、次男にもやらせていました。

その結果、空手、スイミングは、「辞めたい」と言いだし、続けることはできませんでした。

そんな中、小学校1年生の時に、「ピアノをやりたい」と、ボソッと言ったことがありました。しかし、スイミング、空手は続かなかったし、ピアノは、なんといっても買うにはお金がかかるということで、なんとなくやらせることがないまま、時は過ぎました。

しかし、小学校3年生になっても、「やりたい」と言うので、それならと思い切ってやらせることにしました。

実際のところ、決して、上手なわけでもありませんし、一生懸命、練習をするわけでもないけれど、1度も辞めたいと言わず、中学2年の今まで続いています。そして、来年は受験生だから・・・と言っても、「続けるつもり」らしいのです。

好きなことへのエネルギー

「やりたいこと」に対するエネルギーは、やはり大きいものがあることを実感します。

今となっては、もっと早くからやらせてあげればよかったな〜と、ちょっぴり後悔しています。

空手やスイミングは、私がやらせたことで、本人がやりたかったわけではありません。途中、嫌だといっても、「始めたことは、最後までやり通しなさい!」と怒ったりもしていたけれど、私が始めさせたことだったんですよね・・・

本人が好きなことでもないし、望んでいたことでもありません。

子どもたちの興味は、親の期待や思いとは違うかもしれないけれど、「好きなこと」を思いっきりやらせてあげることが、子どもの成長に1番いいのでしょうね。

とってものんびり屋の次男ですが、少しずつ成長しているのを感じます。

人にはそれぞれの成長のスピードがあります。

子どもの成長を信じていきたいですね。

*現在、募集中のセミナー・お茶会の日程はこちらです

*ブログの更新情報を、メールでお知らせします。
PCの方は、サイドバーに、スマートフォンの方は、最後に登録フォームがございます。ぜひ、ご登録ください!

 

名古屋・東京の人材育成研修・講演・セミナーのお問い合わせは・・・ お問合せ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。