やる気が続かな〜いの打開策・・・キッチンタイマー集中法

やる気が続かな〜いの打開策

「目標に向かって、がんばるぞ〜!」とやる気になったけれど、目標が大きすぎたり、達成の見込みが、随分先だったりすると、モチベーションを維持することが難しくなります。

やってるつもりなのに、進んだ気がしない。

やっているはずなのに、先が見えない。

「やる気が続かな〜い」「やる気がでな〜い」を打開するには、長期目標を立てて、短期目標に落とし込むこと、つまり、目標を小分けにすると、やる気がアップします!

さらには、短期目標よりも、今日の目標・・・というように、1日ごとに落とし込む、さらには、今日の午前中の目標・・・というように、細かくしていくことで、下がりそうになったモチベーションを回復させることができます。

今月の売り上げ目標は、◯◯円達成。

だから、今週は、◯◯円達成、そのために、◯件訪問しよう。

だから、今日は、アポイント◯件達成しよう。

だから、午前中は、電話連絡◯件しよう!

その前に、1時間で、資料をつくろう!

キッチンタイマー集中法

そんな目標小分け作戦を、ビジネスシーンではもちろん、学習や家事等に生かす時に、私は、「キッチンタイマー集中法」をつかいます。

1時間で、資料をつくろう!

この10分で、このページの問題を完成させよう!

今から5分で、トイレ掃除をしよう!

そして、キッチンタイマーで測りながら、作業をします。

自分にとって、ちょっと難しいかな・・・というくらいの時間設定にすることが、集中力を高めるコツです。

モチベーションがぐ〜んと上がっている状態を保つのは、なかなか難しいけれど、短時間で自分にちょっと不可をかけることで、やる気はアップします。

なかなかやる気がでず、腰が上がらなかったとしても、やり始めたら、エンジンがかかるということは、よくあることです。

関連記事:成長には、目標設定は50:50がいい

小分け目標達成を繰り返すことで、密度の濃い仕事を続けることができます。

また、何度も達成感を感じることができます。達成感は、やる気を育てる大切な要素です。

関連記事:やる気を育てる5つの要素

 

*ブログの更新情報を、メールでお知らせします。
PCの方は、サイドバーに、スマートフォンの方は、最後に登録フォームがございます。ぜひ、ご登録ください!

*現在、募集中のセミナー・お茶会の日程はこちらです

名古屋・東京の人材育成研修・講演・セミナーのお問い合わせは・・・
お問合せ

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。