やりたいことが見つからない子どもに親ができること

d99d1d183da9229067e7782b52cf6acb_s

やりたいことが見つからない生徒の進路選択

次男の中学校の進路説明会に参加してきました。

ダブダブの学生服に身を包んだ入学式は、つい昨日のことのように思えるけれど、あっという間に、進路を考える時期になりました。

我が家の長男と次男は、まったくタイプが違います。

長男は、小学生の頃から、好きなものがはっきりしていたので、進路選択は簡単でした。

しかし、次男は、今のところ、特にやりたいことが見つからず、行きたい高校というよりも、成績で行ける高校を選ぶことになりそうな状況です。

我が家の場合、長男と比べてしまうと、なんだかヤキモキする気持ちは、正直ありますが、やりたいことが決まっていないことは、決して、いけないことではなく、中学2年生の段階では、そんな状態の生徒のほうが多いのではないでしょうか?

また、これから進路を考えていくうえで、選択肢が多いともいえます。

関連記事:やりたいことが見つからなくてもいいんじゃない?

先生・親ができる2つのこと

では、これから、どうやって進路を考えていったらいいのでしょうか?

私自身も親として、迷っていますが、正直、親ができることって、そんなに多くはないな〜と思っています。

最終的には、「自分で決めた」という認識をもってもらうために、親は、違う視点に気づかせてあげるだけです。

まず1つ目として、中学を卒業して、高校へ行って、大学へ行って、就職をする・・・どの段階で、就職するのかは、人それぞれではありますが、学校を卒業した後は、「社会で働く」ことになるということをイメージさせること。

大人にとっては、当たり前に感じることですが、中学生、高校生は、今、目の前にあるテストや部活、入試のことは考えられるけれど、その先に、社会で働くことに気づいていないことが多いものです。

どんな職業につきたいかは分からなくても、「近い将来、自分自身が、社会の中の力になる」ために、「今、何をしたらいいのか?今、何ができるのか?」を意識できれば、視点がかわるはずです。

そして、もう1つは、将来の明確な目標がないのであれば、今は、少しでもやってみたいと思ったことは、なんでも挑戦できるよう、サポートしてあげること。

親としては、ハラハラすることも多いですが、焦らず、自分で考えさせたいですね。

 

*ブログの更新情報を、メールでお知らせします。
PCの方は、サイドバーに、スマートフォンの方は、最後に登録フォームがございます。ぜひ、ご登録ください!

*現在、募集中のセミナー・お茶会の日程はこちらです

名古屋・東京の人材育成研修・講演・セミナーのお問い合わせは・・・
お問合せ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。