教師という仕事

感激の再会

過日、ある勉強会に参加した帰り際・・・

同じ勉強会に参加していた男性から、「美幸先生?」

なんと!!

中学教師時代の教え子でした。18年ぶり!

32歳になったらしいけれど、当時の面影が残る笑顔に、感激しました。

先生と子どもたちの絆

覚えていてくれたことは、もちろん嬉しいけれど、私自身も、彼の名前も部活も当時の顔もはっきりと思い出せたことに驚きました。

特に、衝撃的な出来事があった生徒だったわけではないので、この18年の間に、彼のことを思い出したことはなかったような気がします。

そして、多分、彼も、私のことを思い出したことはないでしょう。

しかし、お互いの記憶に残っているなんて〜と、感激したのです。

「教師という仕事」は、そういうものなんだな〜と、今さらながらに実感しました。

教員だった当時は、クラスや部活で問題が起きると、学校にいるときだけでなく、寝ても覚めても、その問題が頭にはりついて、つらいな〜と思うことも多々ありました。

でも、だからこそ、お互いの記憶にくっきりと刻まれるのでしょう。意識していなくても、児童、生徒にとって、先生からの影響は大きいということですね。

改めて、教師という仕事の素晴らしさを認識しました。

今は、教師として、教壇にはたっていませんが、「夢をもって生きることの素晴らしさ」「みんな、素晴らしい力をもっていること」を伝えていきたいな〜と思います。

また、子どもたちと毎日を過ごしている先生方に「幸せ脳。のつくりかた」をお伝えして、先生方から、多くの子どもたちに伝わっていったらいいな〜。

久しぶりに、教え子に会うことができて、そんな気持ちが大きくなりました。

がんばろ〜!!

こちらは、教員時代の懐かしい写真。時代を感じますね(笑)

ハートフルブレーンでは、子どもを惹きつけ、親心をがっちり掴む教員研修をおこなっております。

12670396_1039712619421015_6293928709482255505_n (1)

 

*ブログの更新情報を、メールでお知らせします。
PCの方は、サイドバーに、スマートフォンの方は、最後に登録フォームがございます。ぜひ、ご登録ください!

*現在、募集中のセミナー・お茶会の日程はこちらです

名古屋・東京の人材育成研修・セミナーのお問い合わせは・・・
お問合せ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。