先生・講師に向いていなかったかも・・・自信をなくしている方へ

うずまきどう伝えたら、分かってもらえるんだろうと悩んでいる人

うずまき授業やセミナーに集中してくれないと悩んでいる人

うずまき先生・講師として認められているか不安な人

伝えたいことはあるのに、伝わらない → 自信がなくなる・・・負のスパイラルにはまること、ありませんか?

私たちは、人前で話す時、「どう伝えたらいいのだろう」「どう伝えたら分かってくれるだろう」ということにフォーカスしがちです。

伝わらなかった時、あの言葉がよくなかったのな?あの言い回しが分かりずらかったのかな・・・なんて、考えますよね。
でも、脳の観点から考えると・・・

「どう伝わるのか」を考えることが大切です。

 脳は、五感すべてからの情報から、相手の気持ちをキャッチします。

実際に、言葉として、「嬉しい」と言っていても、実は 嬉しく思っていないことを察したり、何も言わなくても、困っていることに気づいたりすることがありますよね。

人は、言葉以上に、相手が発する態度、感情に敏感です。

それは、アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱した「メラビアンの法則」にも示されています。

 

FullSizeRender

 

人は、感情や態度について矛盾したメッセージが発せられたときに、どんな情報を優先的にキャッチするかというと、視覚情報(姿勢、表情、服装等)55%、聴覚情報(声の質、話し方、スピード等)38%、言葉7%というデータが出ています。
つまり 言葉そのものよりも、私たちが発する態度(非言語)が相手に伝わってしまうということです。

あなたが、無意識にやっているしぐさや話し方は、あなたが伝えたいことや気持ちを伝えてくれているでしょうか。

あなたの態度(非言語)は、相手に何を伝えていますか?

どんなに素晴らしい、役立つ話をしていても、あなたから自信が伝わってこなければ、聴き手には、その価値が伝わりません。

聴き手に、あなたから聴きたい、あなたの言うことは信頼できる、あなたの話はおもしろそうだ・・・という気持ちが生まれなければ、集中して聞いてくれません。

話を聞く前に、心のシャッターを下ろしてしまうからです。

怒っているつもりはないのに、なんだか怖そう、いつも怒っているみたい・・・なんて言われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、「伝える」と「伝わる」には、大きなギャップがあります。

無意識に行っている態度(姿勢、表情、声の質、話し方等)が、「伝わる力」に大きな影響を与えるのです。

そして、これらは、意識してトレーニングすれば、誰でも、必ず改善することができます。

「伝わる話し方」と「伝わる文章」とは違います。

あなた自身から、相手に伝わっているものは、どんなものか、客観的に考えてみましょう。

 

・・・・

 

とはいえ、脳は言葉の情報を7%しかキャッチしないから、何を言ってもいいというのは大きな誤解ですので、あしからず〜(笑)

 

メラビアンの法則は、相手が矛盾した言葉、感情、態度を発した時に、「どんな情報を優先的に信じるか」というものです。

つまり、寒そうに震えながら、「暑いですね〜」と言葉を発した時に、視覚、聴覚から得られる「寒い」という情報を優先的にキャッチするという意味です。

脳にとって、言葉はとっても大切なものなのであることは間違いありません。

 

現在、募集中のセミナーはこちらです

人材育成研修・教職員研修・キャリア教育講演のお問い合わせは・・・
お問合せ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。