話し方で年収がかわる!

cbd5e8b11d7538345e0d32fd0864fda1_s

今朝は、お誘いいただいて、経営者が集まる朝活定例会にビジター参加させていただきました。

定例会では、メンバー全員が、ご自身の事業や紹介してほしい人、事などを1分でプレゼンテーションしていました。

そんな1分プレゼンを、毎週やっているそうなので、練りに練られ、皆さん、それぞれに工夫され、時間ぴったりに終わる素晴らしいプレゼンでした。

プレゼンの素晴らしさはもちろんですが、毎週、人に伝えるために、ご自身の事業について考える習慣があるというのも良い結果を生み出しているんだろうな〜と感じました。

話し方で年収がかわる!

ビジターの私には、30秒プレゼンの時間がありました。なぜか、最近、こういう機会が増えています。私自身のまだまだ進化中ではありますが・・・

今日は、「1分間の話し方で年収が変わる」という話をさせていただきました。

とはいえ、30秒なので、あっという間です。

お伝えしたのは、下記の4点だけ。

・「たった1分間の話し方」で年収がかわる

・人を惹きつけ、説得力のある話は、お客様との信頼関係を築き、成果があがること

・話し方は、トレーニングで誰でも身につけることができること

・人前で落ち着いて話せるようになりたい方は、声をかけてください

30秒〜1分くらいのプレゼンを練習しておくと、名刺交換、自己紹介、商談、エレベーターピッチ(エレベーターに乗っている時間内にビジネスチャンスをつかむテクニック)等、様々な場面で生かすことができます。

ポイントは盛り込みすぎないこと!

伝えたい気持ちが大きすぎて、あれもこれもと詰め込んでしまうと、結局、何を伝えたかったのか相手に伝わらなかったり、1番伝えたかったことを話す前に時間がなくなってしまいます。

プレゼンテーションでも、会議でも、報連相でも、PREPAを意識すると、簡潔に組み立てることができます。

P = Point・・・結論

R = Reason・・・理由

E = Example・・・具体例

P = Point・・・結論

A = After ・・・その後どうなる?どうしてほしいか?

プレゼン時間が短い場合は、結論、理由、その後を簡潔に組み込めるといいですね。案外、最後のAfterを忘れがちになります。

姿勢・表情・視線・ボディランゲージ・声も大切!

そして、人を惹きつけるために、説得力のある話し方のためには、内容とともに、姿勢、表情、視線、ボディランゲージ、声も大切です。

「人前で話すことは苦手です」という方は多いでしょう。

しかし、上記のことはすべて、誰でも、必ず身につけることができるものばかりです。

さらに嬉しいことに、これらを身につけることは、人前で話す時だけでなく、普段の人間関係をつくるコミュニケーションスキルもアップします。

つまり、「話し方」で年収もかわるし、人生もかわるということですよね。

関連記事:話し方で人生がかわる!

     プレゼンテーションの主役は聞き手です

 

*ブログの更新情報を、メールでお知らせします。
PCの方は、サイドバーに、スマートフォンの方は、最後に登録フォームがございます。ぜひ、ご登録ください!

*現在、募集中のセミナー・お茶会の日程はこちらです

名古屋・東京の人材育成研修・セミナーのお問い合わせは・・・
お問合せ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。