成功する人の脳のつかいかた

幸せ脳。をつくろう!

研修や講演でお伝えしているのは、「幸せ脳。をつくりましょう!」ということ。幸せ脳。になると、ドーパミンやセロトニン等、幸せホルモンと呼ばれる脳内物質が分泌され、自分の能力を最大に発揮してくれます。

だから、仕事でもプライベートでも、自分らしく、成果を上げることができます!なんて、素晴らしいことでしょう!

では、幸せ脳。って、どんな脳でしょうか?

私は、以下のように、定義しています。

◯ ワクワクする脳

ワクワクすると、脳は、能力を発揮しやすくなります。また、脳は新しいことが大好きなので、自ら、挑戦する姿勢になります。

◯ 何があっても大丈夫だと思える脳

幸せ脳。になったら、悪いことは起こらなくなる・・・?いえいえ、そういうことではありません。生きていれば、何かしら、乗り越えるべき壁が現れることはあるでしょう。しかし、自分なら乗り越えられるという自信(自己肯定感)があるので、自ら、行動する姿勢になります。

◯ 夢、目標を達成する脳

脳は、自分で決めたことに、力を発揮します。また、目標を設定することで、達成に向けてのアンテナが立ち、積極的に行動しようとします。

こんなポジティブな脳になったら、ビジネスでもプライベートでも、成果を上げられることは、簡単に想像できますよね。

 

幸せ脳。をつくるアプローチ

上記のように、ポジティブでいることがいいとは分かっているけれど、難しい・・・と考えていませんか?

たしかに、自分で、脳を変えようと思ったところで、どうしたらいいか分からないですし、前向きになりなさいと言われたからといって、すぐに変わるものでもありません

しかし、脳と身体は繋がっています。そのことを利用すると、自分で、今すぐ、脳を変えることができます。

幸せ脳。をつくるということは、考え方を変えることでもありますが、その前に、習慣を変えるということでもあります。

頭では分かっていても、なかなか変えられないのが、「考え方」です。

shiawasenounotukurikata

だから、自分ですぐにコントロールできる、呼吸・姿勢・言葉・想像の4つのアプローチから、自分に役立つ「習慣」を身につけることで、脳が変わっていきます。

考え方が変われば、行動が変わり、反対に、行動が変われば、考え方が変わります。思考と行動は、双方向に影響しあっているものです。

また、「考え方」の変化は目に見えないけれど、「行動」はできているかできていないかを、自分自身も周りの人も確認することができるので、成果を認識しやすく、できていない場合は、改善もしやすくなるのです。

成功する人の脳のつかいかたとは、自分に役に立つ習慣を身につけるということです。

*ブログの更新情報を、メールでお知らせします。
PCの方は、サイドバーに、スマートフォンの方は、最後に登録フォームがございます。ぜひ、ご登録ください!

*現在、募集中のセミナー・お茶会の日程はこちらです

名古屋・東京の人材育成研修・セミナーのお問い合わせは・・・
お問合せ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。