報連相ができる社員を育てる

74ebcd21588946be3aef69b273cf45bc_s

報連相ができない社員に悩んでいませんか?

「報連相ができないんだよね〜」という悩みをもつ管理職、リーダーの方は多いですよね。

「報連相は、仕事の基本なんだけどね〜」と、そんな言葉もよく聞きます。

たしかに!!私も、研修では、報連相は、ビジネスの基本で、ビジネスそのものだとお伝えしています。

というのも、報連相は、職場のコミュニケーションそのものであり、そんな毎日のコミュニケーションの積み重ねが、人間関係をつくり、チームを作っていると考えているからです。

つまり、「報連相ができない職場」は、職場コミュニケーションそのものに、課題があるのではないでしょうか?

 

誰のための報連相?

報連相というと、部下が上司にするべきものと思っていませんか?

上司のために、やらなければならないもの。上司のために、やるべきもの。

私たちの脳は、「やらなければならない」と思った途端、動きが鈍くなります。だから、「報連相をしろ!!」と命令されたところで、なかなか動いてくれないのです。

では、報連相は、本当に、上司のためのものでしょうか?

「報連相をしろ!」と命令する前に、社員に、誰のための、何のための報連相かを考えることが大切です。

実際に、報連相は、決して上司のためではなく、自分自身の仕事の質を高めるためのものです。相手の立場を想像し思いやり、起こりうることをイメージして対策を考える、仕事の質とともに、自分自身を成長させるものです。

 

報連相指導は、職場コミュニケーションを見直すチャンス!

また、報連相は、部下 → 上司の一方通行ではなく、上司 → 部下、または、同僚 → 同僚等、業務に関わる全ての社員と連携をとっていくものです。

相手の立場だったら、どんな情報がほしいだろうか?

この状況を、すべての立場の人のためになる対策はなんだろうか?

考えることを習慣化することで、自分自身の仕事の質も上がっていきます。

報連相とは、リーダーをトップとしての上下関係ではなく、リーダーを中心にした成果をあげるチームワークを作るコミュニケーションそのものなのです。

つまり、チーム全体のコミュニケーションを見直すチャンスです。

報告、連絡、相談しやすい人間関係になっていますか?

報告、連絡、相談しやすいシステムになっていますか?

 

トレーニングで習慣化

今、報連相ができていないのは、「やりたい」と思っていなかったから。

しかし、上司のために「やらされている」という気持ちが払拭され、自分自身の仕事の質をあげるための報連相と認識できたら、あとは、習慣にするだけです。

どんな状況で、どんな報告、連絡、相談が必要なのかを想像させ、考えさせ、積み重ねていくことで、習慣になっていきます。

また、報連相によって、皆が気持ちよく、仕事がスムーズに捗ることに気づけば、さらに、定着するようになりますよ。

 

現在、募集中のセミナー・お茶会はこちらです
人材育成研修・セミナーのお問い合わせは・・・
お問合せ

【メルマガのご案内】

組織成果をあげるコミュニケーションのツボ

〜ありがとうが飛び交う職場を創る〜
13876282_1141859889206287_337438670975884803_n←こちらをクリック

携帯電話・スマホメールで登録された方

携帯電話からのメールのみを受信する設定になっている可能性があります。
ドメイン指定などのメール受信制限を利用されている場合、google-info.jpからのメールが受信できるよう設定してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る